「 石の上にも三段 」って、亡くなったじいちゃんが昔 言ってました。


合気道は奥が深い。

奥が深いからこそ面白い。

簡単にできてしまうようなもののどこに面白さを見いだせようか。

日野師匠 談

 

 

~ダメダメ門下生の稽古日誌 ③ ~

 

北道場の経理業務をずっと一手に引き受けてくれていた山住指導員。

 

長い間 縁の下で汗をかいてくれているからということで、師匠から

「 代わりに経理をやってくれる人はおらんかの?」と話があった。

 

 

 

 

オレはデキた人間だ!

 

f:id:traphair:20190628144006g:plain

 

 

即座に

「 お役に立てるなら喜んで!」と、快活な声と爽快な表情でもって手を挙げる。

 

が、まあこれは

 

 

 

 

・・・

 

 

 

 

うわべだけの見せかけだ。

 

f:id:traphair:20190628154336g:plain

( そんなデキた人間じゃない  )

 

 

これにはオレなりの深い計算がある。

 

以前師匠から、合気道は奥が深くその難しさからなかなか上達を感じることができないが故に、入門しても1年くらいで稽古を休みがちになり、そしてそのままフェードアウトしていく人が多いと聞いたことがある。

 

オレは入門した北道場で人に恵まれた。そのおかげで

『 最低でも参段を取るまでは絶対辞めない!』と誓いを立てて今に至るのだが、参段までの道のりはまだまだ果てしない。

 自分に甘いオレのことだ、どうなることか先が思いやられる。

 

だが経理を引き受ければ、幽霊部員になったり経理の引き継ぎをすることなくフェードアウトなんてマネはできなくなる。

 

つまりオレは、簡単に辞めることができないようにするために

自分で自分の首に首輪をつけたのだ。

 

 

f:id:traphair:20191008174350g:plain

 

 

 

稽古が終わり、

「いや~、これで簡単に辞められなくなりましたよ~」と笑うオレに

 

 

 

 

「 集めた金持ってトンズラすりゃウハウハよ 笑 」

by 橋本四段

 

 

 

 

・・・

 

 

 

 

オレは本当に人に恵まれた、いやいやマジで

 

f:id:traphair:20190622122057g:plain

( それ捕まりますやん 汗 )

 

 

f:id:traphair:20190622122305g:plain

 

  

 

注)合気道に限らずですが、参段がゴールではありません。

合気道では

『 初段になって初めて、やっと合気道のスタートラインに立った 』と言われます。

 

全身からほとばしる自分の【気】が目に見える程の達人の境地に辿り着いても、願わくばその【気】の色は茶色じゃなくてスカイブルーであってほしい。

 

合気道の稽古はまず神前への礼から始まる。

その後、相互に礼を行う。

礼の作法は・・・( 以下省略 )

師匠 談

 

つうことは・・・

 

その前に俗世の穢れを清め祓わなければ、神前に出る資格ってなくね?

by オレ

 

 

~ダメダメ門下生の、え~と・・・

ヤバイ!そろそろ更新せねば ③~

 

 

オレの稽古前の必須アイテム

↓↓↓

 

f:id:traphair:20190917122828j:plain

( メンズビオレボディシート )

 

 

稽古前に限らず、そして神前という以前に普段から

清潔感というのはデキる男の最低条件だ!

 

f:id:traphair:20190628144006g:plain

 

 

稽古中は全身汗だくになる。

稽古で相手をしてくれる方に失礼のないよう、不快な思いをさせることのないよう心がけることは、デキる男のマナーとして当然のことなのだ。

  

稽古前にボディシート2枚使って全身をゴシゴシゴシゴシ

それなのに・・・

 

 

 

 

稽古が終わった後の道着

↓↓↓

 

f:id:traphair:20190917122909j:plain

 

 

ほほぉ~

 

 

 

 

 

・・・

 

 

 

 

 

襟首に【気】が・・・( 茶色の )

 

f:id:traphair:20190917123136g:plain

( オレもついに【気】をだせるようになったのか )

 

などとバカなことを言ってる場合じゃない。

 

ある調査によると、ビジネスの最前線で働いている女性が初対面の相手と会ったときの第一印象でもっとも重視するのは

【礼儀】【清潔感】なのだ。

 

 

家に帰って洗濯をするが、

 

『 スプーン1杯で驚きの白さに!』

 

なんてなるわけもなく、

 

熟考した結果

↓↓↓

 

f:id:traphair:20190917122940j:plain

( キッチン泡ハイター )

 

これを首まわりにシュシュッとスプレーする。

 

使用後

↓↓↓

 

f:id:traphair:20190917123004j:plain


 

 

これで除菌、漂白、そして

 

 

 

 

 

・・・

 

 

 

 

 

排水溝の、いや首のヌメリも強力除去。

つか、オレの首の後ろってなんかヘンな汁みたいなもんが出てるんですかね?いやいや、マジで

 

f:id:traphair:20190628132216g:plain

( 清潔感のカケラもない・・・涙 )

 

 

f:id:traphair:20190622122305g:plain


 

 

注)キッチン泡ハイターは衣類用ではないのでオススメはしません。

強力な【合気】を発することができる 達人専用 です。

 

f:id:traphair:20190628154336g:plain

 

血の滲むような合気( 愛気 )の鍛錬によって達人の域に達したとしても本能の前ではあまりに無力で、もし煩悩を断ち切ることができたならそれはもう達人じゃなくて仙人だ。

 

~ダメダメ門下生 飲み会へ行く~
( 下戸なんだけれども )

 

北道場と南道場合同の夏の飲み会に行ってきた。

南道場の人達とはこういった飲み会や演武会以外ではほぼ顔を合わせることがないのだが、その飲み会や演武会に仕事で参加できないオレにとってはほとんど知らない面々だ。

 お店について案内されると

 

こ、抗争中かな?

f:id:traphair:20190622122057g:plain

 

てなくらい、北と南で真っ二つに分かれて座っていた。

 

こんな感じ

↓↓↓

 

f:id:traphair:20190730142920j:plain

 


北道場所属のオレは当然のように右のテーブルにつこうとした

その時!

 

突然ある言葉がオレの中に降りてきた。

 

 

入身で入るとは相手と同化することで、相手の中に入ることである。
引き寄せたり引っ張ったりすることではなく、自分から入って行かなければ相手からは来てくれない。

日野師匠 談

 

 

 

 

 ・・・

 

 

 

 

 オレは調和と慈愛に満ちた人間だ!

 

f:id:traphair:20190628144006g:plain

 

 

オレが北道場のテーブルにつけば、確かにリラックスした楽しい時間を過ごせるだろう。

だが自分から入って行かなければ南道場の人達とはずっと疎遠なままだ。

そしてまだ来てない他の北道場の人達は、必然的に誰かが南道場の人の隣となり

 

あれっ?この席 猫を借りてきたのかな?

 

f:id:traphair:20190622122057g:plain

 

なんて状況になるかもしれない。

更に南道場の人は、自分の隣の席がいつまでも空いていることに対してどのように感じるだろう?

 

 

 

 

 ・・・

 

 

 

 

 あ、合気( 愛気 )の精神を思い出せ!

 

f:id:traphair:20190730143409g:plain

 ( 絶 賛 葛 藤 中 )

 

 

意を決したオレは転換で体を反転させ南道場の席につく。

 

最終的にこんな感じ

↓↓↓

 

f:id:traphair:20190730233158j:plain



ただ南道場の人も話してみると北道場の人達に違わぬいい人達で楽しい時間を過ごすことができたのだが、途中で制服姿の専門学生らしき若いおねーちゃんの団体がオレの向かいのテーブルに通された

その時!

 

突然ある言葉がオレの中に降りてきた。

 

 

入身で入るとは相手と同化することで、相手の中に入る事である。
引き寄せたり引っ張ったりする事ではなく、自分から入って行かなければ相手からは来てくれない。

日野師匠 談

 

 

 

オッサンだらけのテーブルよりも、入身で若いおねーちゃんの集団の中に入って同化したいと思ったのは

 

  

 

 

・・・

 

  

 

 

果たしてオレだけだったのだろうか?

 

f:id:traphair:20190628154336g:plain

( いや、少なくともアイツとアイツは・・・ )

 

 

f:id:traphair:20190622122305g:plain

 

  

 

 

師匠の言葉は合気( 愛気 )の精神だけでなくナンパの精神でもあるという、実に深く有難い言葉なんだと知った令和元年の夏。

 

f:id:traphair:20190628212112g:plain

 

いいわけって見苦しいし自分の価値を下げることにつながるって考えると、やっぱり武道家としては潔くあるべしだよね。

 

私は9,000回以上シュートを外し、300試合に敗れた。

決勝シュートを任されて26回も外した。

人生で何度も何度も失敗してきた。

だから私は成功したんだ。

 

これはバスケットボールの神様と呼ばれるマイケル・ジョーダンの言葉なんだけれども、まあだいたい後世に名を残す人間というのは、決まって失敗や挫折をくり返しててそれを乗り越えてきてるんだよね。

 

f:id:traphair:20190718162838g:plain

 



~ダメダメ門下生の、え~と・・・
ヤバイ!そろそろ更新せねば ②~

 

本番で技を間違えるという痛恨のミスを犯し、散々な昇級審査となってしまったオレは、これまでの稽古に取り組む姿勢を深く反省すると共に、自分の未熟さ、不甲斐なさに酷く落ち込むのだったが

 

  

 

 

・・・

 

  

 

 

オレはプラス思考の人間だ!

 

f:id:traphair:20190628144006g:plain

 

 


『 この失敗を糧とし、この悔しさをバネにすれば、オレは必ず達人になれる! 』

 と自分を鼓舞し、これから休まず稽古に邁進することを心に誓うのだったが

 

  

 

 

・・・

 

  

 

 

オレは喉元過ぎれば忘れるタイプの人間だ!

 

f:id:traphair:20190628154336g:plain

(  後世に名を残せないタイプ  ) 

 


なので定期的にガツン!と手痛いめにあうくらいでちょうどいい塩梅のようだ。

 

 

f:id:traphair:20190622122305g:plain

 

 

 


昇級審査から続いていた稽古皆勤が先週ついに途切れたが、これは仕事のためだ。


( い い わ け  )

f:id:traphair:20190622122057g:plain

 

キミは山から大きな岩が落ちてきたらどうする?一流の合気道家なら紙一重で【避ける】いやいやオレなら走って【逃げる】

 

『 コイツ ただ者じゃねぇ!』


いったいこの刺客は!?・・・

 

f:id:traphair:20190718161557g:plain

 


~ダメダメ門下生 危機一髪~

 

静寂な闇に包まれたある夜だった。


突然ひとりの男がオレの行く手を遮るように立ち塞がる。


男は飄々として殺気は微塵も感じられないが、逆にそれが不気味であり、その隙のなさから相当な手練であることが伝わってくる。


( 一瞬でも隙を見せたら殺られる )


オレは五感を研ぎ澄まし男と対峙する。


一定の間合いの中でお互い動かない、いや正確には動けない。
一歩でも間合いを詰めれば斬撃が飛んでくる。


( ドクン ドクン・・・ )


ほんの数秒がとてつもなく長い時間に感じられ、オレの額を汗がつたう。


極度に張りつめた空気の中、オレの左後方で突然声が聞こえる。


その声にほんの一瞬気を取られたオレの隙を逃さず、男は攻撃を繰り出してきた。


( しまった!)


男の攻撃がオレの肩をかすめたが、紙一重のところで回避し致命傷はまぬがれる、
と同時にオレのカラダが咄嗟に反応する。


素早く入身で男の懐に入り、次の瞬間


鈍い音と共に男のカラダが地面にめり込む。


オレの四方投げによって・・・

 

 


オレは合気道家だ。

 

f:id:traphair:20190628143947g:plain


自ら私闘は望まない・・・

 

 


あれはオレが入門して間もなくの頃、先輩である岡弐段に尋ねたことがある。


「 岡さんくらいの実力者だと、流川で酔っ払いが絡んできても秒殺でしょう?」と。


すると岡弐段は、静かで優しい微笑みを浮かべながら答えた。


「 いえいえ、争わないですむものは争わない方がいいですよ。」

 


一流の武道家ほど争いは好まないものだ。


なかでも特に合気道は争わない武道だ。
故に合気道は自分から仕掛ける技というものがない。 


岩が落ちてくるとする。
柔道の場合その岩を投げる。
空手だと岩を叩き割る。
合気道は岩を【 避ける 】のだ。

日野師匠 談

 


オレも合気道家の端くれとして、師匠の言葉と岡弐段の静かで優しい微笑みをこの胸に刻み込んでいる。


だが今は状況が逼迫している。
一瞬の躊躇は自らの命取りとなる。


降り掛かってくる火の粉は振り払わねば・・・

  


男は立ち上がり、なおもオレに攻撃を仕掛けてくる。


男もまた、オレの攻撃を致命傷となる紙一重のところで防御していたのだ。


( コイツ 相当手ごわい )


だが既に手負いの男に攻撃のキレはない。
オレは転換で一瞬にして男の背後を取り、男の手首の関節をきめる。


そしてついに・・・

 

男は断末魔の声をあげる。

 

 

 


「 技が違いますよっ!」(小声)


( へっ?????)


「 技 間違えてますよっ!」(小声)

 

 

 

 

・・・

 

 

 

 

ガーーーーーーーーーーーン!

f:id:traphair:20190628132216g:plain


( 盛大にやらかしたぁ~ 涙 )

 


張りつめていたオレの中の何かが、ガタガタと音を立てて崩れていく。


昇級審査本番 で技を間違えるという致命的なミスを犯したオレ。


断末魔の声をあげたのはオレの方だった。


「 あぁぁ~~~~~~~!」( 絶叫 )


審査を終えた道場で、畳にひれ伏したオレの叫びが虚しくこだまする。


オレの昇級審査は失意のうちに、そして最悪の結果で幕を閉じたのだった・・・

 

f:id:traphair:20190628132253g:plain

 

 

 

f:id:traphair:20190622122305g:plain

 

 



昇級審査で相手をしてくれた 片山参段

小声で教えていただきありがとうございました。

 

f:id:traphair:20190628221852g:plain

 

僕が北道場を選んだ【理由】⑤

 

f:id:traphair:20190718155849p:plain

日野師匠 談( 広島北道場ブログより )

 


~ダメダメ門下生の入門前の葛藤 ⑤~

 

集合写真の用心棒らしき男にすっかりビビってしまい、体験の申し込みをなかなかすることができずにいたオレは、北道場の連絡先( ブログトップページ )とにらみ合いを続けながら悶々と1週間を過ごすのだったが、散々にらみ合いを続けただけあってブログトップページの紹介文をすっかり暗記してしまう。

 

そしてある日、その紹介文にある
【 円 転 】という言葉にハッとする。

 

【 円 転 】これって

 

 

 

 

・・・

 

 

 

 

オレできるんじゃね?

 


【 円そのもの 】って

 

 

 

 

・・・

 

 

 

 

オレそのものなんじゃね?

 

f:id:traphair:20190628144006g:plain

 


散々書いたがオレはノミの心臓だ。


それだけに普段から全てを丸く収めるために( 円転 )
あらゆる摩擦を回避するために( 円そのもの )


常に【 相手から見える景色 】を想像するように努めている。


当然ながら感情よりも理性を大切にするし、仮に彼女とケンカしても
【 彼女から見える景色 】でオレにわずか1%でも非があれば、15分以内にペコペコ謝っている自信がある。


好きな言葉は【 円満 】と【 穏便 】(笑)


2人の相手から黒か白かと選択を迫られれば


「 あ、いや、え~と・・・
グ、グレーです・・・かね!? 汗 」 

 

f:id:traphair:20190622122057g:plain

 


師匠の記事にある肩引きや傘かしげにしても、オレは相手の50メートル手前からやっている。


( 肩引き・傘かしげ 参照 )


つまり合気道でいうところの転換や入身を、オレは達人よりも高速でやっていることになる。


更に集合写真を見返したのにも実は理由がある。


入門する際に真っ先に師匠に挨拶に向かうこと。
それが礼節を重んずる武道を志す者として、いや社会人として、いやいやその前に全てを丸くおさめたいと常に願うノミにとって最も重要なことだ。


こう考えて師匠の顔を予めしっかり記憶しておくために集合写真を見返したのだ。


これって【 円転 】じゃね?

 

f:id:traphair:20190628132114g:plain



空手に組手の部、形の部とあるように、合気道に円転の部ってのがあったら、オレもう既に三段、いや五段はいってんじゃね?


つか、オレクラスになるともう 申し子、
円転の申し子と言ってもいんじゃね?


入門したらメキメキ頭角を現して、すぐに師匠からも崇められる存在になるんじゃね?


実は北道場はオレという救世主(メシア)を待ち望んでんじゃね?


と、すっかり気を良くした勢いでもって遂に体験の申し込みの連絡をするのであった。

 

 

f:id:traphair:20190622122305g:plain

 

水を飲むとき、その源のこと考えようぜ by 中国のことわざ えっ?普通になんも考えずに飲むだろ by オレ

 

いかに武道の達人でも

アゴの骨を揺さぶられるほどのハードな親知らずの手術には勝てなかったという

 

そんなウワサが・・・

 

f:id:traphair:20190622122345g:plain

 

 

~ダメダメ門下生の、え~と・・・

ヤバイ!そろそろ更新せねば ①~

 

 【 普 通 】ってなんかよくね?

 

稽古に行けば、普通に誰かが手続きをしてくれてて受付を素通り。

普通に誰かが会計をしてくれてて帰りも素通り。

 

稽古中に一生懸命拝み倒して頼まなくても、普通に誰かが時間を割いて親切に教えてくれる。

 

立派なホームページ( 北道場ブログ )を、普通に誰かが立ち上げてくれてて

迷った時には基本に立ち返れるよう、普通に誰かが技術解説をアップしてくれてる。

 

月謝渡せば、普通に誰かが経理業務してくれてるし
講習会や親睦会も、普通に誰かが場所と日時セッティングしてくれてて、そのプリントまで配布してくれる。

 

 

 オレが稽古に行った日も

オレが稽古をサボった日も

 

雨の日も風の日も

年齢からくる 謎の膝の痛みに悩まされる日も

親知らず抜いた日も(笑)

 

 いつも普通に師匠がそこにいて稽古を指導してくれる。

 

 普通って素晴らしい。

 素晴らしいけど普通じゃない。

 そんな普通に感謝。

 

 

f:id:traphair:20190730122128j:plain

  ダメダメ門下生 相田みつを

ダメダメ門下生 モチカワ